プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday’15

はぁ~やっと試験が終わった!
ここんとこ試験勉強に没頭。
まるで手応えがなかったので、落ちたな…(涙

薄っぺら~い にわか仕込みの知識で挑んだから
落ちても自業自得(笑 さほどショックでもないが
そんなコトしてる場合じゃないのに
現実逃避的に すべきこともせず 勉強に費やした時間は
ちともったいないな…ギリギリ受かってたらいいなぁ。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
17日の話

オメデトー!!って、ぎゅぅぎゅぅ抱いて、こねくり回して
嬉しい日になるはずだったのにな。。。

永遠に続くなんて思っちゃーいないけど
もー少し先だと思ってたんだ。

旅立つ時期を想像してる飼い主なんて不謹慎でしょうが
なんとなく…
目指せ17歳! もう少しで目標達成だったのに。と
“その時” を漠然と予期してたんだ。

だから、どんなピンチでも
今じゃない。今じゃないはず…と
強気で やり過ごすことができたんだ。

今も そぅ思ってる。
天命だった。と思うことができない
あの時じゃなかったはずだ。って
自分の判断ミスを悔やみきれない。

あ…っと、気を使わせる発言だな!
ご心配なさらずに! うん。私は大丈夫です!
きっと また会えるって知ってるから

私のことなんて思い出さなくていい。
心配もせんでいい。 見守ってくれてなくていい。
気にならないくらい楽しくしてたらいい。

次に会う時まで…どれくらい先かな~

Tonがいる所には、時間なんて概念はなく
私が感じる また会うまでの 離れている時間は…
Tonにとって “ 待ってる ” んじゃなく
駆けっこ中 ふっと振り向く くらいの…
傍らでゴロゴロしてるTonと ふっと目が合う くらいの…
それくらい “ ほんの一瞬の 間 ” であってほしい。

Tonが ご機嫌で過ごせてますように
そう願う 今年の誕生日でした。

ふぅ~ 久々の休みだ。
体力&気力の回復だけで終わりました(涙

預りさんへ渡す写真の整理は未だ進まず。
昔の写真の整理は終わってるが
この1.2年のモノが進まない…
というより手を付けていない。手を付けられない。
自分が どうにかなっちゃいそうで怖くて できない。のだ。

私はまだ、
Tonが傍にいない理由に 向き合わないことで生きてる。

都合よく繁忙期に突入し、それを進まない理由にしている。
私の忙しさは、預かりさんも見て分かっているので
催促できないでいるんだ。

Tonが旅立って数日後、預りさんが
「Tonの写真が欲しい」と言った。

落ち着いてからでいいから…と言ってくれたけど
『自分のは上手くないんだ~』と言って
預り中にケータイで撮りためたTonの画像を
今も 画面越しに撫でている。
------------------------------------
Tonが旅立つ数日前、
駆込んだ動物病院の待合室で 預りさんが泣いた。

すすり泣く というのではなく 激しく泣き崩れた。
『Tonに申し訳なくて…』
そう言って人目もはばからず泣いていた。

その時のTonは、大変 危険な状態ではあったが
回復の わずかな望みをつないだ瞬間でもあった。
だから、その涙は悲涙ではなかった思う。

預りさんは なーんも悪くない。

※肝心なところ(経緯)を すっ飛ばして書いてるので
 読む人には分かりにくく…申し訳ないです(汗

大丈夫! 間に合ったんだよ! と励まし
どちらが 主か分からない状況だったな…


私は この人を20年ほど知っているが
泣き顔はおろか、こんなにも心を乱した姿を
見たのは初めてで とても動揺した。

そんなにも大切に思ってくれていたことを知り
胸が締め付けられるような思いだった。


それから数日後、Tonが旅立ち
憔悴した 預りさんの姿を見て
私の身勝手に 巻き込んでしまったことを後悔した。

Tonを預ってもらうことで
どんなに迷惑をかけたか…感謝しかなのに
不本意ながら、この人を 悲しませ
こんな涙を流させてしまったことを
心から申し訳なく思ったのです。

数ヶ月は、本当に心配で
正直、自分が悲しんでる場合ではなかった。

預りさんに画像を渡すことは、私にとって
なによりも最優先事項なのは分かってるのに
今の私、誠意がないな…全然ダメダメだ…

インコ違い?

むぅぅ…
写真の整理が進まーん
辛いだ悲しいだの気持ちは
いっとき心の隅にしまって鍵!と決めれば
思いのほか 作業は進むが、枚数がね…(汗
ちょっと息抜きするか~
*********************************
連日猛暑日の先週、外回り仕事が続いた私。

外回り中、
「インコ探してます!」 の貼り紙が目に留まった。
写真とともに書かれた情報だと
・小桜インコ(オス)
・人懐っこい

ん~~。
数日前、どっかで見たんだよな…どこだっけ…
「インコ預ってます」 の貼り紙。

外回りでは 150ヵ所ほど回るんだけど
こ~も暑くちゃ意識も朦朧としてくる瞬間もあり
どこでその貼り紙を見たのか思い出せなかった。

でも、貼り紙の“真剣に探してます”の一言が気になり
記憶をたどり、思い当たりを戻って回った。

で、「預ってます」 の貼り紙を発見!!
とあるマンションのエントランス。
『迷いセキセイインコ(メス)を預ってます』
写真はなく、色の特徴と人懐っこいことが書かれてあった。

セキセイ?! あぅ…残念。インコ違いだわ~

共通点は、人懐っこいってだけ
色の特徴はビミョーに似てる気もするけど
種類と性別  この決定的な違いに
ガッカリさせるだけか…と
探してる方への情報提供はしなかった。

でも、モヤモヤが残ってしまった…
絶対、別インコだよね??
情報提供しなくて良かったんだよね???

だって、インコって、そんなに逃げたり捕まえたりするもんなん?
まぁ 「そんなに」 と言っても、今回が初めてだけど
探してるインコと 保護されたインコが別個体なら
今現在、この1~2㎞範囲内で2羽が迷子ってことじゃん。
全国で何羽が迷子になってることやら

私はたくさんの動物に囲まれて育ち
セキセイインコも 何羽かいたが
オスだかメスだか気にしたことがなかった(笑)
多分、家族の誰も気にしてなかったと思う。
簡単に見分ける方法あったのかな?

雌雄の見分け方を知らない私がもし
迷いインコを保護し貼り紙を書く場合
当然、オス・メスは書かない(書けない)わけだが

“セキセイインコ(メス)” とハッキリ書いているなら
種類・性別の違いが判る人なわけで
やっぱり別インコだよね。。。

あぁ。なんで私が悩まなきゃならんのだぁ!
どちらのインコも早く飼い主さんの元へ帰れますように…

始動

たっくさんの方にご心配おかけしてます。
温かいお言葉に どれほど支えられ救われているか…
本当に本当にありがとう。

記録としての完成を目指し
自分の気持ちの整理もしながら
あまり ジメッとした内容にならないよう
もう少しブログは続けます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

冬から春にかけての約半年間
正月 三が日を休むくらいで ほぼ休みはない。

今年も、やっと落ち着いた5月に入りすぐに大掃除をし
さぁ~!Tonと遊ぶぞ~
ブログも いっぱい書きたいことがあるんだ~
なんて…やっとこれから!って時に
Tonは旅立ってしまった。


Tonがいなくなってから
出来なくなったコトがいくつかある
少しずつ また できるようになっているが
まだ 向き合えないコトがほとんど。

その一つが…
未だ、Tonの写真を見るのがツライんだなぁ。
残したい記録もあるし、思うところがあり
しばらく ブログは続けよう思っているんだけど

失った日常が満載の自分のブログを見ることができず…
完結しない 書きかけの文章が増えていく。
もはや なにからUPしたらいいのやら。。。

そして、あまりに大きなダメージに戸惑っている。

ふいに 流れる涙に 悲しいも辛いもなく
ただ からっぽ。だと感じる。
心と体が ちぐはぐだ。

もぅ いない。と理解しているが
しばらくの間、預けてるだけのような~
今も、なんだか…他人事のように考えようとしてる

多分、理解してる。と言いながら
まだちゃんと受け入れていないんだな。
これを現実逃避と言うんだろうな~

良くない状態だと分かっていても
自然に任せ ムリに動くのは止めようと思うが
そろそろ、そうもいかなくなってきた
やらなきゃならんコトがある。

日中、Tonを預ってくれていた方への償い。

私が本当の悲しみに向き合うのは
この恩人が立ち直ってから…
きっとそれからなんだと思う。

まずは この週末、
預りさんに渡す 写真の整理をしようと思う。

お礼とお詫び

お願いしておきながら
なんの報告もできず 大変失礼しました。

沢山の方々の後押しを受け
きっと、
思い切って お空へ駆け出せたと確信しています。
火葬を済ませた帰り道
空を見上げた時、本当にそう思えたのです。

たくさんのメッセージ、ありがとうございました。
Tonを、見送ってくださって
お手を合わせてくださって
涙を流してくださって
私を励ましてくださって
本当に、本当にありがとうございました。

Tonに代わりお礼を申し上げます。

なるべく早くお礼を言わねば!と
毎日、毎日PCに向うも 文字は進まず
一文字ごとに涙し、これだけの報告に
こんなに時間を費やすことになるとは…
礼儀を欠き申し訳ありませんでした。


…こんなんじゃダメなんだ…

Tonがいなくなって1ヶ月が過ぎても
すべてが、あまりに鮮明で
あの日と変わらぬ哀しみのまま
泣いてばかりなのです。

今、文字にしていることも 本心だけど
思いが 言葉に、文字に乗らない。
もっとちゃんと伝えねば!と思うのです
でも、これが今の精いっぱい。

また更新します
*************

※頂いたコメントへは、
個別にお返事をさせていただきましたが
クーははさんと、ひめママさんの
連絡先が分からずお返事できませんでした。
ご面倒でなければ、鍵コメントかメールフォームにて
アドレスを教えてください。
お返事といっても、ほぼ上記の内容と同じですが…

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。