プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前記事 の続き。

11月の検査時は
心臓にある僧帽弁という弁の動きが悪くなり
血液が逆流してしまう状態のため、血流が悪くなっていた。
その結果、心臓が頑張っちゃって 少し大きくなっていたんだ。

前記事で
心臓は薬の効果が出てるようで回復傾向♪
と書いたのは…

先日の検査では
11月に撮ったレントゲンと比べて心臓が小さくなっていた!
130223-2.jpg

心臓の弁が元に戻ることはないので、
2種類の薬は…作用の違いはあれど
どちらも心臓は そんなに頑張らなくてもいいよ~と
心臓の負担を軽くする効果を期待するものです。

130223-1.jpg

僧帽弁閉鎖不全症と言われた前回
動揺して 聞きそびれたモヤモヤを聞いてみた。

Tonの咳が頻発した時、気管虚脱の悪化だと思った。

●もし、その時 心臓を疑っていたら発見が早かったのか?
この病気の初期は 無症状らしい。
だから、発見は早いとはいえ
症状が出ていれば 既に進行しているってことになる。

6月の検査時、心音の雑音も認められず
心電図でも異常はなかったのだ。

もっと発見が早ければ…ってことではない。と言われたが
私の思い込みがなければ
Tonを早く 咳の苦しみから解放してあげれたと反省。

●んじゃ、気管虚脱と今回の咳の違いの見分け方は?
ち~と難しいらしい。 でも、違うらしい。
違いを聞いたが、うまく文字で表すことができない…(汗
ご心配の方は、獣医さんに聞いてね!


前にも書きましたが
Tonの場合、今すぐ命にかかわる状態ではなく
現在は薬で落ち着いています。
130223-3.jpg

私も、さほど落ち込んではいません。
もちろん 不安はあるが…
“上手に 付き合っていく病気”が1ツ増えただけさっ!
と、自分に言い聞かせる。 

私が頑張るコトは、
130223-4.jpg

気を付けるコトは、
130223-5.jpg
これから、投げっこは 考えた方がいいかな (´・ω・`)

クリックしてね。('-'*)アリガト♪
にほんブログ村 犬ブログへ
※いつもなら、病気について長々と書くところですが、
僧帽弁閉鎖不全症については、内容量がヘビーであり
素人がヘタに説明して誤解があってはいけないので…
不安があるワンコさんは 病院で診てもらってね!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。