プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前記事を書いていて思い出した。
Tonの生家には、豚さんがいっぱいいました。
本業は養豚らしい。
言っときますが、
『Ton』 は 『豚(トン)』
からの発想ではないですよ~
130220-1.jpg
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

土曜日、定期健診&シャンプーのため病院へ♪
130220-2.jpg
尿検査…オッケ~♪ 石なし!
レントゲン検査…
気管虚脱は悪化しておらずでセーフ♪
心臓は薬の効果が出てるようで回復傾向♪

130220-3.jpg
そ~なのよ!
土曜の検査の話をする前に
   前回の病院での話から(⇒この記事 の続き)

11月頃、Tonの深夜の咳が頻発するようになった。
深夜も2~3時間おきに咳が出て
その度に起き、なだめ 寝不足の日が続く。

Tonは深夜の咳で熟睡できていないようで疲れ気味
私は忙しい時期で 帰宅も遅く
数時間寝に帰るだけの生活…でも眠れずの日々…

私もTonも そんな生活に心身ともに疲れ切っていた。
その咳のことは、気管虚脱の悪化だと思っていた。

11月の診察時、
咳き込んでる様子を撮った映像を見せ説明。

Tonのお腹に聴診器を当てながら 先生の顔が曇る…。
心音に雑音が聞こえるってことで
急きょ、検査項目が増えた。

で、『僧帽弁閉鎖不全症』 と診断される。
(ざっくりと…
 心臓にある僧帽弁という弁の動きが悪くなり
  その結果、血液が逆流してしまう状態。
      雑音は、血液が逆流している音)

なにか言われるのは覚悟していたのだけど
まさか心臓だとは予想外だったため…


かなり動揺した。


・老化に伴う発症であろうということ
・完治はなく、内科的治療で上手に付き合って行くこと
・今後の治療方針
・今後、予想される変化について  …説明を受ける。
130220-4.jpg

今まで飲んでる薬に加え
130220-5.jpg
持病の悪化じゃく新たな病気!? しかも心臓!?
軽くパニックで、先生の話は 右から左 の状態(汗

私の場合、「老化」と言われてしまえば覚悟の上!
受け入れることは難しくはないのだけど…
ただ、今後のことを考えると…
   動揺せずにはいられなかった。

しか~し!
お会計時 1?万円オーバーの請求書を見て さらに動揺。
お陰で? 病名の衝撃が和らぎました (゚Д゚;) フンガー


薬を飲み始めてから まもなく深夜の咳は治まり
私たちの安眠生活が戻った (´▽`) ホッ

長くなったので次回に続く…。

クリックしてね。いつも('-'*)アリガト♪
にほんブログ村 犬ブログへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。