プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチの鍵かぎを失くした マンションの管理窓口に
届けられていて 助かったが・・・
週末は も多いから 早めに散歩に
行こうと思い 起きてスグに出かけた絵文字名を入力してください
やっぱり 寝起きはダメなんだよね・・
どんなに寝ボケててもかぎを失くしたことはなかったのに 落ち込み

今日は 語らせて
書いているうちに テンションあがっちゃって
とんでもなく 長文になってしまったので
これでも、半分にして 明日に続くのですが・・・絵文字名を入力してください
絵文字もナシで ぶちまけてやる~~
私のトラウマ治療の意味も込めて 
向き合ってみようと。。。今日と明日は 語るぞ絵文字名を入力してください
s-CIMG4712i.jpg
 忙しい方は ここで さようなら~
にほんブログ村 犬ブログへ 

私は10歳頃まで 保健所の隣に住んでいました。
(隣といっても 30メートルくらいの川を挟んで隣)
保健所の敷地内には 出入り自由の小さなプレハブがあり
大小いくつかの 檻がありました。
飼い主が 手に負えなくなった動物を 檻に入れて
いけば、保健所が処分してくれるためにありました。

檻に入れていく飼い主達も 多少の後ろめたさが
あるのか、たいがい夜中にやってくる。

置いていかれた動物は 夜通し鳴くんです。
川を挟んでるといっても その飼い主を呼ぶ声をは
ウチにも 響いてまして・・・
その檻に 『近づいてはイケナイ!』と 言われていても
私は コッソリ 見に行っては 檻から連れ帰り
親に『戻して来い!』と叱られ 泣きながら戻しに
行かされる。。。ってコトを何度か繰り返しました。
(↑こーゆーコトをするからキツク言われていた)
すでに、連れ帰った先住犬もいたり、なぜかウチには
動物が たくさんいたため それ以上増やせなかった。
聞くに堪えない 悲痛な声を なん度聞いただろう。

檻に入れられた動物が 捨てられた動物だと理解もしてたし
動物達が その後どうなるかも知っていた。
知っていたからこそ 連れ出したのだが・・・

まだ目も開いてない小さな命や
人を信じきった 無垢な瞳の子犬
怯えた視線で 歯を剥き 吠え立てる犬
オリの隅で ジッと丸くなる 老犬
もちろん 犬だけではなかったが、
死を待つだけの 救えない命を なんど度見たことか・・
子供ながらに 自分のやるせなさを感じた。

いろんな事情があったのかもしれない
泣く泣く置いていったのかもしれないが
どんな事情があったであれ 同情する気にはなれない。

小さい頃は ただ 処分する職員を 責めたが
なんの感情もなく 殺処分できる人なんていないと思いたい
葛藤しながらも 職務をこなしたはずだ。
多少 知識がついてくると その怒りは行政に向かった。
行政の責任も多大だが、 
やっぱり動物を飼う側の人間の意識に問題があり
いつだって 悪いのは 人間なのだ・・・

その後、引っ越してしまい その苦痛からは開放されたが
そのときの記憶と救えなかった後悔は 消えない。

Tonは ご縁があって我が家に来ましたが
当初、私は この記憶がトラウマとなり
一生、犬や猫を飼うつもりはなかったので
大反対怒しました。
以前“バタシードックホーム”って番組が好きで
(イギリスの動物保護団体のドキュメンタリー番組)
それを見て以来 もし、もしも、飼うことがあるとしたら
こういった場所から 探そうと思っていた・・・

実はTonとの出会いは 私が望んだものではなかった
今は 最愛の我が子heart03
s-2000-11.jpg
プロフィールで使ってる画像。
  生まれて数週間って頃だな~~
こんなヤツを 手の平に乗せられたワケですよ・・003

 明日も長文だぁ~
にほんブログ村 犬ブログへ 

コメント

いろいろ考えさせられました。
人間のエゴか。
ぴっちさんの同情する気になれないっていう言葉、同感です。
多感な子供の頃のこのような体験は苦しいだろうな。そのぴっちさんの苦しみは、ぼくの想像を超えるものだと思います。
そんな辛い思いをしてきた優しいぴっちさんの元にTonちゃんがやって来たのは、けして偶然ではないのでは?(江原さんみたいなセリフですが、)
Tonちゃんがぴっちさんのトラウマを克服してくれる鍵なのかもね!
続きも熟読させてもらいます!

それは辛かったですね・・・。
何だか、読んでいるうちに涙が・・・・・v-406
同時に怒りが・・・・・・v-359
こういう問題を考えるといつも怒りがこみあげてきます。
ちゃんと法律で規定すべきだ!!と・・・
でも、これでも少しは良くなった方なんだろうなぁ、
とは思いますが。
いつもペットショップで売れ残って大きくなった子達を見ると、
このコ達はどうなるんだろう?と思うと、胸がぎゅぎゅってなります。
幸せになる子達もたくさんいるのだろうけれど・・・・
きっと売られている全員が幸せになれるとは限らないですよね。

でも、きっとそういったツライ経験があるからこそ、
Tonちゃんをこんなに幸せにしてあげられているのかも
ですよねv-290
私も子供の頃色々あって、こんな辛い思いするなら
二度と動物なんて飼わないv-363って思いましたが
今は幸せですv-352

そうだよな・・・。
保健所の職員は市や県の職員がやってる所もあるみたいだけど、
みんな保健所には異動したくないみたいよ・・・。
そりゃそうだ・・・・それが人の心だよな。

ところで、昨日の私のブログであなたの様な回答を出した人は居なかったわv-391
みんな、異常性が無くて良かった~v-10
あなたを除いて・・・。(笑)んじゃ!

♪woo-soraさんへ

i-260 言われて気付きましたi-230
Tonとの出会いは 意味があったのかもしれません。
たしかに、もう一度 動物と向き合う気になれました。
こんなに愛情を注ぐようになれるとは 
思いませんでしたi-228

本日 FC2 不安定i-6
今日中に更新できるかなi-198

♪pompogさんへ

i-260 pompogさんもツライ経験が あるのですね・・・
私も、動物全般スキですが、一匹に対して こんなにも
愛情を注ぐ時が また来るとは思いませんでしたi-228

pompogさんのブログ・・今日、何度かアクセスしてる
のですが、エラーが出て チラッとしか見れないi-230
また、後で訪問してみます♪ 見れたらコメントしま~すe-463

♪虹っちへ

i-260 あの結果の 他の人のコメント読んで思い出したi-197
そうだよ!“八百屋のお七”の話が 強烈に頭に
あったから アノ答えがでたんだよi-240
うん。きっとそうだi-199

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurodebu.blog119.fc2.com/tb.php/60-635a1df3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。