プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は満月  でも 雲 だから見えないかな 
 
今日は 『病気の記録』カテ 膝蓋骨脱臼 ~一言~
   (~発覚編~はコチラを読んでね)
   (~手術編~はコチラを読んでね)
s-21kui.jpg
   
 お断り と お願い   

このブログを読んで 『ウチも手術しよう!』
と早まってしまう前に 読んでいただきたい。

膝蓋骨脱臼のグレード (すごく簡単に)
グレード1
 膝の関節はほぼ正常。外れても自然に戻る
 痛みはほとんどありません。 
グレード2
 力を入れると脱臼する 痛みはほとんどありません。
グレード3
 常に脱臼している状態。手で正しい位置に戻す
 コトもできるが またすぐに外れる。
グレード4
 常に脱臼している状態。手で戻すことはできない。
 足を使わなくなり 骨格に変形が見られる。
  
誰かの参考になれば・・・な~んて言いながら 
こなコトを言ってしまうのですが・・・
膝蓋骨脱臼について ずいぶん 端折って説明しました うーん
今や ネットで 『犬 膝蓋骨脱臼』 と検索かけると
いろんな方の体験談や たくさんの情報を得られるはずです。
専門知識もない私の 浅はかな知識だけでなく 
そちらも参考にしてくださいバイバイ 
(なんて 不親切なブログだろう・・

私は 獣医師ではありません。  
ブログに記したことは 私とTonの体験談であり
すべての ワンちゃんに適することではありません。
私が 見聞きしたことを勝手に綴ったもので
私の 考え得る 命一杯 のことをしたつもりですが
ブログ中には 間違った対応も あったかもしれません。
素人が いい加減な情報載せやがって と
思う方も いらっしゃると思います。   

 もし あなたの 愛犬の足に 不安があれば
自分で判断せず、動物病院に ご相談ください。

症状は 無症状のものから 運動障害、
骨格変形に至るものまで幅広い。

治療方法も 年齢や症状で多様で
なにもせず 経過観察するレベルから 
サプリメントや処方薬での 内科的療法 や
レーザー照射などの 理学療法 や
外科的手術 など 様々。

飼い方次第で 予防できることもたくさんあります。

リハビリに励みながら 傷口を見ては
Tonにツライ思いをさせてしまった・・と涙が出た。
走れるようになるかな・・・と不安になった。 
年老いていけば 体力も筋力も 劣っていくのは
仕方がないことだが、まだ遊び盛りの この時点で
歩行障害や 走れなくなることを 一番避けたかった。
自分勝手な発想だが その時がくるまで
こんなTonを ↓ 見守っていきたかった! それだけでした。
術後は 頑張った甲斐あって 今のところ問題なく走ってます
s-CIMG0955p.jpg
そんな思いから
今では うるさ過ぎるくらい Tonの行動には注意します
設置したステップを使わず ソファーから 飛び降り
ようものなら 激怒ですよ~ 怖いですよ~私 
 
これで 膝蓋骨脱臼の話は 終わりです。 
最後まで 読んでいただき ありがとうございました。嬉
実は まだ 大病(?)経験がありまして・・・
また いつか 長文ブログが あると思います。 

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 高額治療費にクラクラ
   頑張った私に ポチッと♪

コメント

Tonちゃんは大変なものをたくさん抱えているのですね・・・なにもしてあげられなくてゴメンネTonちゃんv-292
実家にいるムックは後ろ左足の膝が弱いんです。
たまに外れてしまったり。
病院で診察してもらったけど、Tonちゃんみたいな詳しい病名は言われなくて様子を見ているんですけどね。
最近は前ほど目立って外れていないようですけど。

そう考えるとウチのキョウスケは何もなくて健康体・・・
階段で踏み外して『あっ!』って思っても何もなかったかのように歩いてるし。
でもいつ何が起こるかわかんないから気をつけないと。

♪キョウままさんへ

i-260 一緒に旅行に行った ムックくんですね~
病院で なにも言われてないのなら 上手に付き合えてる
ってコトですね♪ 良くなりますようにi-228
脱臼が治ったといっても、事故や骨折と ホントなにが
起こるかわからないので 気を抜けませんよね・・・

その 時々に 悩んだり 泣きそうになったりしますが
術後の足も X脱毛も 生死に関わるものではないので
大変じゃ~ないですよv-410

Tonちゃん・・・よく頑張ったねぇv-356
なんだか涙が出てきましたよぅ。
元気に走りまわれるようになって、よかったねv-343
でも、ぴっちさんがいたから頑張れたんでしょうねv-353

モコを骨折させてしまった時、
すごく辛かったのを思い出しました。
あまりに可哀相な状態だったので、
二度とこんなことがないようにと、ソファーを捨ててしまったのを覚えています。
本当に、低いローソファーから降りただけだったのに・・。

でも、Tonちゃんは、まだまだツライ経験をしてきたんだねv-393
ぴっちさんも、すごく頑張って支えているんですねv-356
私も、見習わなきゃ・・・

tonちゃんの体験記を読んで、もう一回家中を見渡しました。ぽんたに危ないものはないかな、と。
病気は闘っていかなくてはいけないけど、怪我は注意することで防げる事もありますよね。
ぴっちさんにとってつらい写真を見せていただいて、胸にズンとくるものがありました。
いろんな話ありがとうございました!

ぴっちさん、Tonちゃんの膝蓋骨脱臼奮闘記、とっても為になりましたよ!ありがとうございます。
長い文章でしたが、よく整理されていて、ぴっちさんの熱い思いも、Tonちゃんの勇気も、ひしひしと伝わってきました!読み終わった時には、感動とともにパチパチと拍手したくなりました!【わんこ村】ボタン早押し!(ったって、意味ないか~。12時過ぎたらもう一回押しに来る?)

♪pompogさんへ

i-260 辛いことを 思い出させてしまったようで
すみませんでした・・i-230
だからpompogさんの おウチは座椅子なんですね~
友達のポメちゃんが 3cmほどの段差で骨折したことが
ありましてね・・・そんなんで 骨折されちゃ~
気をつけようがないよi-199 と思いましたよi-227
高さは関係なく しちゃう時は しちゃうんですよね・・

♪ぽんままさんへ

i-260 ぽんままさんのお言葉・・「病気は闘って~」のくだり
グッときましたi-183 コメント読んで私が
家中見渡しちゃいましたv-356
気をつけてても なかなか ムチャをしてくれるんですよね~
ウチの 黒小豚 ムスメはv-364
そのお言葉に 思いを改め お互い気をつけましょ~e-463

♪woo-soraさんへ

i-260 長ったらしい文章を よくぞ最後まで
読んでくださいましたi-197ありがとうございますv-390
なにせ 昔のコトなので 思い出すのに一苦労して
文章に まとめるのに 一晩 徹夜してしまったv-395
woo-soraさんのような文才あれば こんな 暗~い 長~い
文章に ならなかったのにぃi-204v-406
走り書きのメモじゃなく ちゃんと書き残しておけば
よかった・・と反省。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurodebu.blog119.fc2.com/tb.php/25-ac02fcb3

お留守番だよ!ソラとお父ちゃん

みなさん、こんばんは! お母ちゃんと娘とウーピーは実家に行っちゃった。 今日から月末まで、仕事があるお父ちゃんと手術を控えたソラは、二人でお留守番。 ふたりでまったりしていようねぇ~ ↑ウーピーのハナ、特別出演!! ソラのひざの手術についてみな...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。