FC2ブログ

プロフィール

ぴっち

Author:ぴっち
愛犬 Ton ♀
なんでもない日常や
飼い主の趣味など
気ままに書いてます。


最近の記事


検索フォーム


リンク


最近のトラックバック


調べながらの記事書きに 時間がかかった!もー4時じゃん(涙
24日分は、ポチのみ訪問でごめんなさい。
本日、長文ですよ~(;^_^A アセアセ
なので、前置きナシで早速 昨日の続き。。。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

私も先生も、水の量・尿の回数が増えると
まずは、今抱えてる病気の悪化を疑う。
今回・・・水の量は少し増え、尿の回数はかなり増え
多いときは、半年前の倍なんて日も!!!
それで、CT検査の必要性もグッと高まっていたのだが
結石の影響かもしれないと考えたため、CT検査が保留になった。
090424-2.jpg

レントゲン検査。 詰まったウンチと膝に入ってるピン
それ以外の異物は写っていない。
結石も写ってませんよ~
が、超音波検査にはしっかりと影が (゚∀゚ll)キャー

Tonの膀胱内には 結石があった。
体勢を変えると、石も移動する。 尿の中をプカプカしてる??
結石が膀胱の内側の壁を傷つけ、血尿が出たようだ。

前回、なぜ原因不明の診断だったか・・・
(結石について詳しくは↓に書いてます)
・Tonの結石は透過性が高く、かなり大きなものでも
  レントゲンでは写らない事が多い。
・膀胱内にあるため、触診では分らなかった。
・採取した尿に結晶が見られなかった。
・尿検査では、わずかに偏りがあったものの
  過去の検査数値から、異常とは判断できなかったこと。
・血液検査で、腎臓機能の状態の変化はなかったこと。
・結石は、膀胱炎などの感染症による炎症と併発する
  場合が主だが、雑菌・炎症がみられなかった。
  
↑の判断から、結石の診断で出なかった。
後に 超音波検査をすることは決まってましたよ~
090424-3.jpg

で、今後の治療は・・・ 療法食 (ノД`)ハァー 
ROYAL CANIN pHコントロール
090424-4.jpg
このフードで、尿を酸性化し結石を溶解していく。
とりあえずの目安が 1ヶ月~2ヶ月の間に
結石の大きさを見つつ、合うフードをいくつか試す。
2ヶ月みても変化が見られない場合は 手術も考える ( ̄⊥ ̄lll)
090424-6.jpg

こんな状況でも 私は落ち込んでませんよ(o^-')b
昨日、先生が言ってたの
僕が ずっとTonちゃんの体を見てきて・・・
          今回が一番可カワイイ病気です
』 だって(・_・?)
(↑昨日の記事、先生のニコニコ顔の理由)

今まで Tonの体を調べれば、調べるほど
治療が困難な病気ばかり見つかり、
私が落胆する度に先生が
大丈夫、治ります!って言えず申し訳ありません』 と
いつも頭下げてたな・・・先天性の病気ばかりで、先生のせいじゃないのに

そんな流れがあっての “カワイイ病気” 発言に
先生の“治すぞ!”の意気込みを感じ、ちょっと気持ちが軽くなった。
決して楽観できるコトではないが 治せる病気!
前向きに頑張れそうです p(*^-^*)q

でも、今後の血尿が増える、痛みを伴う、尿が出ない
などの、症状が出てないか注意は必要。
(上記のような緊急性があれば、手術です!)

↓以下、結石のお話になります。長いっす。
お忙しい方、興味のない方は この辺で さようなら~(・o・)ノ
クリックしてね。 応援ありがとう゚.+:。(´∀`)゚.+:。
にほんブログ村 犬ブログへ 

腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路に結石ができる病気の
総称で 『尿路結石(尿石症)』 と呼び、
結石がある位置によって分類されます。
Tonは膀胱結石。 これが尿道にあったら尿道結石。

さらに、結石にはその成分により分類され 治療方法も異なる。
結石の種類、尿のphが酸性かアルカリ性かの理解が重要

・ストル(ラ)バイト結石⇒ 尿がアルカリ性に傾く
・シュウ酸カルシウム結石⇒ 尿が酸性に傾く
・シスチン結石 ・尿酸塩結石 
(2種類の結石が混合・複合している場合も)

※結石は大きくてもレントゲンに写らない事が多い。

原因は、食べ物や水に含まれる物質(ミネラルバランス)の
不均衡だったり、遺伝的要因(体質によるもの)だったり
細菌感染だったり・・・水分摂取が少ない子もなりやすいよ

結局の所、発生のメカニズムは詳しく分っておらず
体質であるとすると、手術を受けた所で再発率の高い病気。
食生活をチェックしてもらい、Tonの場合は 体質だろうとのこと。
090424-7.jpg

Tonの結石はストルバイト結石であると予想されるので
療法食で尿のアンモニウム、マグネシウム、リン酸の濃度を下げる
(酸性に傾ける)ことで、結石が溶けるのを待つ。
膀胱炎を起こしていないので、抗生剤の投与はナシ。

シュウ酸カルシウム結石の場合は、
一度できてしまうと溶解しないので、手術が必要な場合あり。

結石の症状は、血尿の前兆として
頻尿、尿が出ない、尿が少ない、尿漏れ、
尿にキラキラした結晶が残る、尿の匂いが臭い・・・等
(尿が出ない=どこかに詰まってる 状態は緊急事態です)
尿が出にくいため、膀胱に尿がたまりお腹が膨れる
尿道結石なら、痛みから 触ったり抱いたりすると嫌がる

ストルバイト結石の原因のほとんどが
細菌感染によるものと考えられています。
膀胱炎になると、繁殖する細菌で尿がアルカリ性になり、
ストラバイト結石が多発するよ~(犬の尿は弱酸性)

Tonのトイレは目に付く場所にあり
排泄の最中も身近で見てることが多いが
尿が出しにくい、痛がるなどの症状、結晶の尿なんて
見たことなかった。 
しいて当てはまるとすれば、多尿。匂いもキツかった気が(汗
090424-8.jpg
先生に予防方法は?と聞くと、『ない』 と言われた(+_+)
体質ならば、療法食に頼るしかないのだが
運動により 小さな結石は移動して、排出されやすくなる
たっぷりの水分をとること 等が予防につながります。
090424-9.jpg
※ 読みにくい長文にお付き合いいただきありがとうm(*- -*)m
クリックしてね。励みになってます( v^-゚)Thanks♪
にほんブログ村 犬ブログへ 
おっと!忘れてた!! いつもの言葉。。。
ブログに記したことは、私が見聞きしたことを 綴ったものです。
結石の原因・種類・発症場所で、治療方も様々です。
愛犬に心配があるようでしたら
獣医師さんの正しい診察を 受けてください。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |